【Unity】ShaderGraphのSampler Stateノードについて調べてみた

はじめに

Sampler StateノードはSample Texture 2DノードのInputで指定できるが誰も使用している人を見かけなかったので少し挙動について調べてみました。

環境は Unity 2019.3.0f3

Universal Render Pipeline(テンプレートのプロジェクトです)

UnlitGraph を使用しています。

Sampler Stateノードについて

Sampler StateノードはInputは2つあります

Filter : テクスチャフィルタリングモード

テクスチャマッピングするために、テクスチャ色を決定するために使われる方法(調べたけどよくわからんかった)

Wrap :サンプリングのラップモード

下記の挙動を見ていただくとなんとなくわかると思います。

挙動

サンプリングのラップモードごと挙動を紹介します Tilingを変更するとわかりやすいです

Repeat

デフォルトで設定されてるやつ

f:id:Brave345:20200518122900p:plain

Clamp

タイリングされず元の画像から縮小だけされている

f:id:Brave345:20200518122912p:plain

Mirror

名前の通りタイリングがミラーしながらしている

f:id:Brave345:20200518122922p:plain

MirrorOnce

マイナスにタイリングしても反対向きにならないしタイリングもされない。

f:id:Brave345:20200518122932p:plain

使い道

以下のようなグラデーションテクスチャを使用した際、Sampler Stateの状態がデフォルトだと左端に謎の線が出来てしまいます。

f:id:Brave345:20200518122945p:plain

正しい使い方はわからないけど、TypeをPointにすると左端の謎の線が消えます。もしくはWrapを変更しても直ります。

f:id:Brave345:20200518122954p:plain

おわりに

使い方を発見したら随時追加していきます。

参考

docs.unity3d.com