【Unity】ガードエフェクトを作成する

はじめに

エフェクト講座の課題でガードエフェクトを作成したのでその制作過程の一部をメモしておく

環境は2018.4のLWRPを使用してます

モデル作成

メインのシールド部分 球を半分に切って頂点アルファを調整してます

f:id:Brave345:20200701145048p:plain

UV展開はこんな感じです。

UVスクロールしたときに発光部分は移動するようにUVを調整します

f:id:Brave345:20200701145106p:plain

f:id:Brave345:20200701145130p:plain

テクスチャ作成

このようなテクスチャを作成します。

このテクスチャは好きに使用して大丈夫です

f:id:Brave345:20200701145204p:plain

フォトショップでグラデーションを塗るを使用することで作成できます

f:id:Brave345:20200701145246p:plain

シェーダ作成

シェーダーの全体図です

f:id:Brave345:20200701145323p:plain

大事なのはこの部分です

UV1を使用し、CustomDataから値を受け取りUVスクロールを制御します。

f:id:Brave345:20200701145340p:plain

マテリアル作成

マテリアルはこんな感じです

f:id:Brave345:20200701145408p:plain

パーティクル作成

f:id:Brave345:20200703140812p:plain

CustomDateの設定です

ここをちゃんと設定しないとUVスクロールしないので注意 f:id:Brave345:20200701145423p:plain

完成

f:id:Brave345:20200701145515g:plain

BOOTHに公開してるのでよかったらダウンロードしてください

braveshop.booth.pm

無料版はてなで半年間かけてGoogleAdsenseに申請が通った件

GoogleAdsenseに申請を続けて半年経ちましたがついに申請が通りました

原因

申請の不合格理由は「サイトの停止または利用不可」でした。

なんでこうなるかはある程度予想がついてて、原因はおそらくサイトマップが正常に詠み込めてないことです。

解決方法

サイトマップを登録するアカウントを別のアカウントに変更したことによってサイトマップが正常に認識されるようになりました。

f:id:Brave345:20200629095749p:plain

そのあと申請したら一発で申請が通りました

【Unity】かまいたちエフェクトを作成する

はじめに

今回はかまいたちエフェクトを作成していきます。

環境は Unity 2019.3.0f3

Universal Render Pipelineを使用しています。

テクスチャ作成

今回はフォトショップで作成します

最初にブラシで硬さ0の状態で点を書きます

f:id:Brave345:20200622115718p:plain

自由変形で以下のような形にします

f:id:Brave345:20200622115715p:plain

多角形選択ツールで以下のようなひし形を選択して選択範囲を反転させます。

f:id:Brave345:20200622115713p:plain

反転させたら選択してる範囲を消してひし形を作成します。

あとは変形→極座標を使用してその後に自由変形で以下のように回転させたら完成です

f:id:Brave345:20200622115710p:plain

パーティクル作成

以下のようなパーティクルを作成します。

f:id:Brave345:20200622115727p:plain

OrbitalYのカーブはこんな感じです。

最初は回転して最後は回転しないようにしています f:id:Brave345:20200622115721p:plain

マテリアルはお好みで大丈夫です

f:id:Brave345:20200622115724p:plain

完成

一つしか要素を作成してませんがそれっぽいものになりました。

f:id:Brave345:20200622115703g:plain

使用例

BOOTHで公開してるのでよかったらダウンロードしてください

braveshop.booth.pm